ホットヨガとヨガの違いは?

ホットヨガはヨガの仲間です。痩せたくてヨガに取り組もうと考えている方の中には「どうせならホットヨガを……」と思っている人もたくさんいると思います。

では、ヨガとホットヨガの差はどこにあるのでしょうか?

そもそもヨガとは? 

ヨガはインドで4000年以上前に生まれました。インドでは精神鍛練の一環として行われていたという面が強く「身体を動かしながら行うメンタルトレーニング」という意味合いがあったそうです。 

そして、これまでたくさんのタイプ・流派のヨガが登場しています。歴史の長いハタヨガというヨガもありますが、最近は「エクササイズができるヨガ」が増えて、実際に人気になっています。 

運動に重点を置いたヨガや、リラックスに重点を置いたヨガなど様々なものがありますから、得たい効果にマッチしたヨガを行う事が大事です。

全体としてヨガを見れば、ポーズを腹式呼吸をしながら取る事で、シェイプアップしたり、身体の歪みを矯正したり、心を落ち着けたりする事が可能であると言えます。

ヨガとホットヨガの差は?

ヨガとホットヨガですが、動きに関しての差はそれほどありません。ですが、ホットヨガはヨガと違って湿度5565パーセント、温度3840℃の室内で取り組みますので、効用が異なります。 

ホットヨガの利点

ヨガよりも高い湿度・温度の状況下で行うホットヨガは、ヨガよりも代謝が向上しやすいと言われています。

身体がポカポカになって身体が柔軟になるため、ポーズが無理なく取れ可動域も大きくなるので、身体を傷めにくく運動量が増えるいという利点もあります。

また、60分のレッスン一回につき、1L前後の水を飲む必要があるほどに大量の汗を流せるという魅力もあります。

綺麗な水を飲む事で代謝が向上するので、もっとたくさんの汗を出す事が可能です。

そして血液の循環が改善し、それまで停滞気味だった場所にも質の良い血液が供給されるようになるので、老廃物を外に追い出しやすくなります。つまりはデトックス作用に優れているという事です。

ホットヨガの欠点

普通のヨガと比較して厳しい環境で行う分、疲れやすく、体力不足の方にとっては慣れるまでが辛いかもしれません。 

また、ホットヨガの場合は湿度と温度を高く整えなければなりませんから、スペースさえあれば行えるヨガと比べて、自分の家では行いにくくヨガ教室に通わないといけないという欠点もあります。 

ヨガとホットヨガ ダイエット効果が高いのはどっち?

ポーズを取る事で筋肉を付けて、基礎代謝を高めたり身体を引き締めたりする事ができるという点では、ホットヨガもヨガも共通しています。

ですが、身体がポカポカになって動きが良くなり、たくさんの筋肉をほぐす事ができるホットヨガの方が、ヨガに比べてダイエットの面では優れていると言われています。

また、湿度と温度が高い部屋で行う分、発汗量が多くなり、身体の中の邪魔な老廃物や水分を追い出す事ができますので、むくみを改善したり新陳代謝を加速させたりする効果はホットヨガの方が圧倒的に高いです。

ただ、ホットヨガも当然通常のヨガと同じく、ポーズをきちんと取ったりヨガ特有の呼吸を正しく行ったりする必要性があります。

集中や呼吸が乱れると、効き目が下がってしまうのですが、ホットヨガの方が湿度も温度も高い状況で行うので難易度が少し高いかもしれません。

ヨガにもホットヨガにもダイエット作用はあるのですが、まずは精神や呼吸を正して身体を内部から整えていく事に重点を置いていただきたいと思います。

そうしてヨガの根本の部分を実感してから、ダイエット作用やそれ以外の作用を求めていく事をオススメします。 

ホットヨガはやっぱりオススメ

ヨガとホットヨガには、取るポーズに関しての差はほぼ見当たりません。

ですが、その作用には大幅な差があります。自分自身を見つめながらメンタルを鍛える事ができるのがヨガであり、心を落ち着けつつ内部から綺麗になれるのがホットヨガだと言えるでしょう。

すぐに変化させたかったり、より大きい変化を求めたりしているのであれば、まずはホットヨガから取り組むと良いでしょう!

 

 

ヨガプラス