ホットヨガレッスンの流れ

ここでは、ホットヨガのレッスンの手順を中心に紹介していきます。

ホットヨガのスタジオで気を付けたいことも合わせてお伝えしていきますので「ホットヨガに興味はあるけれど全然知らない」という方はぜひ参考にしてくださいね。

レッスンの日は余裕を持ってスタジオへ

レッスンの日は、時間は当然ですが精神的にも余裕を持ってスタジオ入りしましょう。ヨガはリラックスして進めるべきものだからです。

また、はじめて使うスタジオの場合は、ルールや設備の面などで戸惑って着替えなどが遅くなる事もあるので、やはり早めにスタジオに入るのは大事です。

スタジオに着いたら、まずはトイレを済ませましょう。代謝がアップするホットヨガは水をたくさん飲みながら進める事になります。ですから、トイレに行っておけば気兼ねなくレッスンに取り組めるはずです。

スタジオへ持っていくものは? 

着替えが済んでスタジオに入る時には、タオルと水があるかどうかをきちんとチェックしましょう。スタジオによっては、レッスンがスタートすると終わるまで更衣室に入れないところもたくさんあります。

用意すべき水の量は1L前後が良いと思います。多いと感じるかもしれませんが、ホットヨガによる発汗量は本当に多いので、それくらいは必要です

ただ、大半のスタジオで水を買えるので、忘れたときや家から持ってくるのが億劫なときでも心配する事はありません。

タオルについてですが、フェイスタオルと大き目のバスタオルを準備しておきましょう。持ってきたバスタオルを、ヨガマットの上に敷いてレッスンに取り組む事になるスタジオもあります。

また、とにかくたくさん発汗するので、それを拭くためのフェイスタオルは欠かせません。汗を良くかく方は、普通のフェイスタオルよりも大きいタオルを持参する事をオススメします。

そして、眼鏡をかけている人は、可能であればコンタクトレンズにしておきましょう。スタジオの熱気と湿気で曇ってしまう可能性が高いからです。それが無理でも、専用のスプレーなどを使って曇り予防をしておきましょう。

また、眼鏡が邪魔になるポーズも多いので、眼鏡を入れておける眼鏡ケースを用意しておくと安心です。

ホットヨガ中に大切な事は?

レッスン中は、こまめにたくさん水を飲みましょう。また、ポーズを取る事ばかりに集中して呼吸がおろそかになる事もあるので、いつもよりもきちんと意識して呼吸を行いましょう。

湿度と温度が高い空間で行うので、呼吸が不十分だと気分が悪くなる恐れがあります。

確かにホットヨガの動きそのものは、他の運動よりも穏やかかもしれません。ですが「湿度と温度が高い」という状況は、想像以上に人間を疲労させるものです!

ですから、痛くて取れないポーズがあったり、強い疲労を感じたりした際は、我慢せずにその場で休憩するようにしましょう。もちろん休憩中も、水を飲む事ときちんと呼吸する事がとても大事です。

そして、レッスンが済んだら目を閉じて仰向けに寝ます。実はこれも「シャヴァーサナ(しかばねのポーズ)」というヨガのポーズの一種です。このポーズには、身体と心のあらゆる不調を正す効果があると言われていて、そのリラックス作用は23時間の睡眠と同じくらいあると見られています。

シャヴァーサナ中は身体中の力を抜く事が重要なのですが、案外身体のあらゆる力を抜くのは困難なものです。目を閉じて自分の姿を想像して「重力に任せよう」という気持ちで行ってみて下さい。

レッスンが終わったら?

大量の汗を流すはずなので、まずはシャワーで綺麗にしましょう。ただ、シャワーが人数分ある事はまずないでしょうから、順番を守りあまり時間をかけないように浴びましょう。

着替えてからもきちんと水を飲み、レッスンについて良く分からない事があれば、帰る前にインストラクターに聞いておくと次回のレッスンで困らないでしょう!

ヨガプラス