ホットヨガに適した服装は?

汗をたくさんかくホットヨガをする際は「服装」も大切なポイントとなります。ホットヨガの作用を高めて、楽しく気持ちよく行える服装について 

タイトな服装はダメ!

ホットヨガの際に着るものですが、まずはタイトな服装を避ける事が最も大切です。ホットヨガでは血流を良くしたりリンパの流れを改善したりしていくのですが、きつい服装ではそれを妨害してしまう恐れがあります。 

また、ホットヨガでは関節(ヒジ、ヒザ、肩など)は当然ですが、背中や腰など、いつもはなかなか動かさない場所もフル稼働させる事になります。生地が硬い服では、関節の動作が制限されて動きにくくなる場合があるので注意しましょう。

ピタッとしていても、伸縮性のある素材のものを選んでください!

「ゆったり感」と「動きやすさ」を大事に!

「ゆったり感」のある「動きやすい」服装がホットヨガの際にはベストです。色々なポーズを四方八方を向いて取る事になりますので、自由に動ける事とストレスや圧迫が無いという事も大切です。

ただ、あまりにもダボダボしていたり、ゆったり感が強過ぎたりするのも良くありません。そのような服装では、裾が気になったりインナーがめくれたりして、ポーズによってはヨガに専念できなくなる可能性もあります。また、胸元が見えるような服装だと、周囲の目が恥ずかしくて気が散る事もあるかもしれません。

ですから、ゆとりはありつつも自分の身体にちょうど良く合う服装にしておくことが大切です。また、大量の汗を流す事になりますので、袖が軽い服装を選びましょう。例えば、半袖やノースリーブやキャミソールなどが良いと思います。

 

「汗」と「ニオイ」に強い素材を! 

ホットヨガではとにかくたくさん発汗する事になりますので、乾きやすくて汗を吸いやすい素材のウェアを選びましょう。メッシュ生地やポリエステルであれば、汗を吸っても貼りつきにくいはずです。

汗をいっぱい吸って重たくなってしまうスウェット生地の服は止めておいた方が無難です。また、コットンは汗を吸って肌に貼りつきやすくなってしまいます。

それから、発汗により「透ける」場合もあるので「汗ジミ」や「透け」をが気にならない色合いの服を選択したいところです。 

また、発汗すればニオイも気にかかるはず。
色々な説はあるようですが、コットンはニオイも吸いやすいので、止めておいたほうが良いと思います。ポリエステルであれば、ニオイをそれほど吸わないのでオススメです。 

迷った場合は、ヨガ用のウェアを買ってしまうのも良いでしょう。汗やニオイに強いものが多いので、そこから厳選すればまず間違いはないはずです。

最近では、GUやユニクロ、 GAPやH&Mなどといったブランドからもスポーツラインが続々と登場しています。
はじめは、お手頃なウエアからはじめてみるのもいいかもしれませんね!

インナー選びも重要! 

実はインナー選びも大切です。一般的なインナーでも行えないわけではありませんが、できれば避けた方が良いと思います。ブラジャーにワイヤーが付いているとそれが原因で締め付けられますし、たくさん発汗する事で、肩ひもやホックの辺りがかゆくなる恐れもあります。また、ポーズによってはブラジャーが上部にずれてきて気が散ってしまう場合もあります。

このような問題がありますので、やはりスポーツブラを選んでおくのがベストと言えるでしょう。もちろん締め付けはほぼありませんし、ずれを防いでくれたり汗を吸ったりしてくれる素材のものもあります。 

また、近年ブラジャーがキャミソールなどの内部に備え付けられている、ブラトップタイプのウェアも増えてきています。気持ちよくヨガをするには、このようなブラジャーが一体になったウェアを選ぶのも有効です。 

大量の発汗が伴うのがホットヨガの特徴です。
ヨガの時に着用していたインナーのままでは不快ですので、シャワー後の着替えのインナーは必ず持参しましょう。

ストレスフリーの服装がベスト!

ホットヨガの服装についてお伝えしました。ヨガで重要なのはやはり「集中」ですから、身体に余計なストレスをかけず、どんなポーズでも自由に取れる服装を選びましょう。

ウェアの肌触りも重要です。「これなら良い!」と思った着心地や触り心地のウェアであれば、ヨガにストレスゼロで専念できるはずです!

ヨガプラス