ホットヨガ前後の食事について

ホットヨガを行う前は基本的に食事を摂らないようにしましょう。もし、食べる場合には遅くともホットヨガを始める2時間前には最後の食事を終わらせるようにしましょう。

ホットヨガは空腹で行うものです

ホットヨガはお腹が空いている状態で行うのがベストです。お腹いっぱいの状態で行うと、何よりも集中できないことがホットヨガの妨げになるのです。

また、ゆったりとした動きをする運動ではありますが、それでも胃に食べ物が入り過ぎていると動きにくくなってしまいます。特に頭を下にしたり、お腹を押したりするような形になるポーズの場合はなおさらです。

空腹で臨んで、内臓に負荷をかけないようにしましょう。胃に物が入っていると内臓への刺激が強くなり過ぎる恐れがあります。


そして、ホットヨガが済んだからといってすぐに食事を摂ってしまうのもNGです。ホットヨガの終了直後はリンパの流れも良くなり栄養の吸収効率がかなり上がっています。そんな状態で食事をすればせっかくの運動が逆効果になってしまいます。

結局のところホットヨガを行う際は、その前も後も食事を避けるべきだという事が言えます。食事のタイミングを計算して、ホットヨガの効き目を最大限に引き出しましょう!

適切に食事の時間を設定できれば、ホットヨガの様々なポーズによって、リラックスしたり内臓を活性化させたりする事が可能です。

ホットヨガ前後の食事で気を付けるべきことは? 

ホットヨガを行う日は食事のタイミングに気を付ける必要がありますが、食べる物そのものにも気を配りましょう。

実際、食べ物によってホットヨガの効き目が変わる事もありますから、食事もホットヨガの一環だと考えましょう!

 ホットヨガ前の食事

2時間前までに食べ終えるというのは、説明してきた通りです。

ホットヨガを行う時にはお腹がすっきりしているようにする事が大事です。そのためにも、胃腸への負荷が小さい、消化しやすくヘルシーなものをメインとしましょう。 

ホットヨガのスタジオに仕事を終えてから行きたいという場合は、お腹が空いて少し大変かもしれませんが、ホットヨガが済んでから食事をした方が良いと思います。

ホットヨガ後の食事

ホットヨガの終了直後は栄養分を吸収しやすくなっているので、食事のタイミングと食べる物に気を配り、目指す体重や体型に近づけていきましょう。

まず、食事のタイミングは、ホットヨガの前の食事の場合ほどキッチリと決める必要性はありません。自己判断で身体の状態が安定してきたら、その時点で食べてしまって構いません。

ただ、食べる物そのものについては気を配りましょう。冷たい物は避けて、ホットヨガでポカポカになった身体をいきなり冷やさないようにする事が大事です。そして、基本的には野菜をメインにしましょう。 

また、質の高い筋肉を付けるための食品も摂り入れると良いでしょう。具体的には鳥のささみ肉などがオススメです。そして、お酒は少なくとも2時間は経ってから飲むようにしましょう。

「食事の楽しさ」と「ヘルシーさ」を両立させよう 

ホットヨガでは骨や筋肉を安定させる事ができますが、もっと広く捉えれば「生活にヨガの精神を取り入れる事により、生き方を見つめ直す事ができる」とも言えます。

食事ももちろん「生き方」の大切な要素です。体内に自然のものを摂り込むという事は、ヨガの心をそのまま体現していると言えるはずです。

ですが、ヘルシーさばかりに気を取られて食事の楽しさが薄れてしまうのでは寂しすぎますし、ストレスも溜まります。ヨガにおいては、美味しく食べる事も大事なのです

自分自身の身体と対話して、その時々で食べたい物を食べる事も大切なのです。「食べたい物」が複数浮かぶ場合も多いでしょうから、その中のヘルシーなものを選ぶようにして「食事の楽しさ」と「ヘルシーさ」を両立させていきましょう。

ヨガプラス