ホットヨガで肩こり解消!

数ある身体のお悩みの中でも「肩こり」は特に多くの方を困らせています。肩こりは治そうと頑張ってもなかなか治りませんし、誰でもなり得るものでもあります。

しかし、ホットヨガに取り組めばそんな肩こりも改善すると言われています。

室温を上げてポーズを取る事で血流を改善する

冬場は身体を丸めていつの間にか肩に変な力を込めてしまうものです。また、夏でもクーラーで冷やした部屋にずっといる事で血流が悪化し、筋肉がこわばる場合があります。

そこで、湿度55~65パーセント、温度38~40℃の室内で行うという事がホットヨガの最大の特徴です。

身体が自然とポカポカになるので血流が改善し、筋肉が普段よりも幅広く動かせるようになるので、こわばった筋肉を痛みをほとんど感じる事なく柔らかくする事が可能です。

そうすると、たくさんの発汗と共に体内の毒を排除できるので、血液とリンパの循環も活性化します。これを「デトックス作用」と言います。

このような作用があるため、肩こりをホットヨガで効率良く軽減する事ができるのです。 

姿勢を矯正して肩への負荷を和らげる

スマートフォンを多くいじったり、一日中机に向かうようなお仕事をしていたりすると、姿勢が乱れて猫背などになる場合があります。これでは、いつでも似たような姿勢になってしまうので、負荷が筋肉の特定の部位だけに偏ってしまうようになります。そうなると、本人は普通に歩いているつもりでも姿勢が悪く見える事が多いです。

そして、姿勢が乱れているとやはり肩こりに見舞われやすいものです。ですが、ホットヨガではポーズを取って姿勢を矯正していくことが可能です。筋肉がほぐれて、歪みが治っていくのです。

適切に行う事によって、血行や筋肉のこわばりが軽減されて、肩をはじめ身体全体のこりが治っていきます。

ストレスを発散して肩こりを治す

各々で差は出ますが、ホットヨガに取り組む事でストレスを発散する事ができます。身体を柔らかくしていきながらポーズを取り大量の汗を流すのですから、ストレスが軽減されるのも自然な事です

肩こりはストレスが減る事によっても軽減されていきます。ホットヨガで「体内のこり」とも表現できそうなストレスを和らげる事ができるというわけです。

ストレスが少なくなれば、食べ過ぎや、睡眠関係の不調を避ける事もできますし、心身にとってのメリットは他にもたくさんあります。身体の調子をトータルで整えていく事で、肩こりや痛みが軽減されていくのです。

肩こりを治すヨガのポーズ

肩甲骨の近辺を伸ばし、筋肉のこわばりを和らげて肩こりを治してくれるポーズとしては、「ダウンドッグ」や「猫のポーズ」や「チャイルドポーズ」などがあります。

身体を柔らかくして、こりなどを改善できるポーズはまだまだたくさんあります。 

1セットのホットヨガでも肩こりが軽減

ホットヨガが終わると肩が驚くほど楽になっていて、まるで自分の肩ではないみたいでした。まさか、1度のホットヨガでここまで楽になるとは思っていませんでした。

ただし、ホットヨガを済ませた翌日には肩こりはまた再発していました。デスクワーク、冷え性、猫背、などと肩こりにならないはずがないような生活を送っていましたし、また酷い肩こりになってしまうまでに時間は掛かりませんでした。

それでも、ホットヨガを継続する事により、だんだんと「肩が楽なままでいられる時間」が増えていってくれました。きっとインナーマッスルが強くなり、姿勢が矯正され、自律神経が安定したからだと思います。

ヨガプラス